TwitterでSONICの最新情報をGET

THE SONIC v1.1.15 WordPress5.5に対応する調整と「パターン管理」機能の追加

2 min 366 views

「WordPress 5.5」に対応するアップデートです。WordPressを最新版にアップデートする場合はTHE SONIC v1.1.15とGutenberg Plugin v1.2.1をご利用ください。

WordPress 5.5から追加された新機能「パターン」を、より使いやすくカスタマイズしました。

パターン機能って?

WordPressがあらかじめ用意したデザインセット「パターン」を、かんたんに記事に呼び出す機能です。直感的なデザインができるようになります。

エディター画面で利用します。

上の動画でもSONICオリジナルパターン機能について解説しています。

追加

WordPress 5.5より追加された新機能「パターン」を使いやすくするカスタマイズが主な修正点です。

  • 「パターン」デザインを登録・管理する機能を追加
  • 「パターン」のデフォルトデザインを非表示にする機能を追加
  • 段落の余白(高さ)を調整する機能を追加
  • カバーブロックの「単位」を選択する機能を追加

「パターン」デザインを登録・管理する機能を追加

「パターン」に登録されているデザインは修正・新規登録できませんが、THE SONICはパターンのデザインを追加できる機能「パターン管理」を追加しました

ノビタ

ノビタ

よく使うデザインセットはこちらに要録しておきましょう。

サイドバーの「パターン管理」から、自分だけのデザインを追加・管理できます。

もちろん、グーテンベルクエディターを使ってデザインできます。

パターンを追加する際にパターンカテゴリーを登録すると、パターン内で整理整頓ができるのでご利用ください。

パターンの一覧で、カテゴリー別に表示されるようになります。

「パターン」のデフォルトデザインを削除する機能を追加

あらかじめ登録された「パターン」のデフォルトデザインを非表示にする機能を追加しました。

上記「パターン管理」で追加したオリジナルデザインにアクセスしやすくなります

THE SONICブロックパターンブロックパターン設定から設定できます。

段落ブロックの余白調整に対応

段落ブロックごとに行の高さを調整できるようになりました。

カバーブロックの高さの単位を変更できるように

カバーブロックの高さの単位を変更できるようになりました。カスタムCTAにカバーブロックを使う際の細かなデザイン調整にご利用ください。

修正

  • WordPress 5.5に対応する調整、内部構造の整理を行いました。

WordPress 5.5は出たばかりなので、「パターン」の機能については変更する可能性があります。ぜひご利用いただき、「SONIC CLUB」で要望いただけますと幸いです。

今後もTHE SONICをよろしくお願いいたします。

THE SONIC

THE SONIC

収益とライティングを"1UP"させるWordPressテーマ「THE SONIC(ソニック)」を開発しています。
アフィリエイター・ブロガー・WordPress開発者の合作テーマです。3つの視点からWordPressテーマをリデザインしました。

FOLLOW

カテゴリー:
CTAエリア
関連記事