ConoHa WINGコラボ記念!特別割引中

THE SONIC v2.0

3 min 643 views
  • きせかえパック「IRISアイリス」登場!新規デザイン50種以上追加!
  • 検索ウィジェットに「リアルタイム検索」を追加
  • 新ブロック「レビューボックス」追加
  • 段落ブロックのスタイル選択を大幅追加
  • テキストツールボックスにルビふり機能追加
  • SONIC PENにマーカーを2種類追加
  • テキストツールボックスのアイコンを一部刷新
  • タイムラインブロックに構造化マークアップ機能追加

デザインきせかえパック「IRIS」登場

全57種の書き下ろしデザインを新規収録した「きせかえパック」をご用意しました。

きせかえパックとは?

THE SONICのメインデザインを「きせかえパック」で切り替えて、テーマを自分好みにカスタマイズできます。

テーマデザインを気軽に変更できる、50種以上のデザインを詰め込んだパッケージです。

IRIS(アイリス)デモサイト

デザイン着せ替えパック第1弾は「IRIS」。まずはデモサイトをご覧ください。

「シンプル」「ミニマリスト」をイメージしたデザインとなっております。

IRIS デザインサンプル

  • 記事一覧(見出しやカードデザイン)
  • NEWマーク
  • サイドバータイトル
  • 書いた人
  • 検索
  • パンくずリスト
  • 本文(タイトルやアイキャッチ)
  • シェアボタン
  • 目次

きせかえ方法

カスタマイザーデザイン設定メインデザイン設定

カスタマイザーのデザイン設定から変更

デザインを切り替えると、フロントや記事本文のブログを印象付けるデザインが全て新しいものに切り替わります。

デザインは今後も追加

たくさんのサイトを作るアフィリエイターや、気軽にサイトの着せ替えを行いたいブロガーに喜んでいただける内容となっております。

CSSだけなら新しくテーマを作るのと同等以上の作業工数をかけ進めてきたプロジェクトです。必ず気に入っていただけると信じております。

この着せ替えパックは、今後のアップデートでさらに追加予定。お楽しみに。

リアルタイム検索機能の追加

ユーザーのサイト内検索を補助する「リアルタイム検索」機能を追加しました。

リアルタイム検索機能とは?

検索結果を瞬時に表示する機能です。「検索ボックスに入力したキーワードに一致する文字列」が含まれる記事を、リアルタイムで収集します。

リアルタイム検索

設定方法

THE SONIC設定 > カスタム検索 > リアルタイム検索

リアルタイム検索の有効化

エディター機能

新ブロック「レビューボックス」追加

かねてから要望をいただいていた、使い勝手の良いレビューブロックを追加しました。

レビューボックス

レビュー評価の段落も自由に増やせます。

注目させたい項目を目立たせるハイライト機能があり、レビューボックスを並べれば比較レビューにも使えます。

段落ブロックのスタイルを大量追加(全25種)

段落ブロックのデザインを大幅に追加しました。現在25種類のデザイン。

段落ブロックのデザイン追加

チーム内で「流石に多すぎるのでは?」と意見も挙がりましたが、議論の末「段落デザイン100種類を目指す」と言う方針でまとまりました。

今後も追加していきます。

SONIC PENに新規マーカー追加

エディター補助ツール「SONIC PEN」に、要望の多かった2種類のマーカー「赤い下線」「青い下線」を追加しました。

こちらは増えすぎると執筆の邪魔になる場所ですので、今後の追加は慎重に検討していきます。

ルビ機能の追加

ワンクリックで「ルビふり」可能になりました。ルビをふりたいエリアを選択して、Rubyツールをクリック。

ルビツール

特殊な用語や造語をたくさん使うサイトで活躍するツールです。ぜひご利用ください。

ただしルビの多用は禁物です。読みやすい文章を作るためには難しい表現を控え、「漢字をひらく」「言い回しを変える」ことを意識しましょう。

ルビは要所で使ってこそ効果を発揮します。

テキストツールボックスのアイコンを追加

テキストツールボックスのアイコンデザインを変更しました。直感的な操作をサポートします。

タイムラインブロックの構造化マークアップ

タイムラインブロックHowTo検索の構造化データとしてマークアップできるようになりました。

タイムラインブロック(親)のメニューに「json-ldを出力」の設定を追加しました。
「HowToのjson-ldを出力」にチェックを入れると、タイトルと説明文を入力する欄が出現します。

タイププロパティ概要
HowTonameタイムラインブロックの設定で追加したタイトルの値
HowTodescriptionタイムラインブロックの設定で追加した説明の値
HowToStepimageタイムラインの子ブロックで最初にヒットした画像
HowToStepnameタイムラインの子ブロックのタイトルの値
HowToSteptextタイムラインの子ブロック内の段落ブロック文字列
構造化データの取得箇所

構造化マークアップについてはこちらのページをご覧ください。

まとめ

THE SONIC リリース2周年ということで、かなりボリューミーなアップデートなりました。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

「きせかえパック」や「キャンペーン配信管理」など、他では真似できない、「THE SONIC一つあればどんなサイトでも作成できるよね」と言ってもらえるテーマを目指し、みなさまと一緒に育てていければと考えております。

今後ともSONIC TEAMをよろしくお願いいたします。

THE SONICからのお知らせ

COPIA

THE SONICのキャンペーン配信機能を、他のWordPressでも利用できる便利プラグイン「COPIA(コピア)」をリリースしました。

THE SONICユーザーの方は現在の利用料金のまま利用可能。

ぜひ、ご利用ください。

SONIC TEAM

SONIC TEAM

収益とライティングを"1UP"させるWordPressテーマ「THE SONIC(ソニック)」を開発しています。
アフィリエイター・ブロガー・テーマ開発者3つの視点からWordPressテーマをリビルドしました。

FOLLOW

カテゴリー:
CTAエリア
関連記事