TwitterでSONICの最新情報をGET

カテゴリーページをかんたんにカスタマイズする「カテゴリーページの管理」

3 min 1,327 views
カテゴリー管理

カテゴリーページの管理は、カテゴリーページを細かく編集する機能です。

通常のカテゴリーページの管理画面とは別に、専用のカテゴリーページマネージャーを用意しました。

https://the-sonic.jp/wp-content/uploads/2020/02/yayoi.png

やよい

カテゴリーごとにページをデザインできるので、各カテゴリーをそれぞれトップページのように使うこともできます!

カテゴリーページのトップページ化
カテゴリーページ管理のポイント
  • カテゴリーページをグーテンベルクエディタで編集できる
  • 目次や広告の表示が可能
  • カテゴリー専用のCTAボックスを利用できる
  • トップページ化機能を使ってサイトを細分化できる

カテゴリーページの特長

編集しにくいカテゴリーページに、グーテンベルクエディタを使えるようにしました。

カテゴリーページの作り込みがかんたんになります。目次や広告、記事で使っているブロック(ふきだし・タイトルボックス・ABテストなど)をそのまま利用できます

特徴的なのは、「カテゴリーページのトップページ化」機能です。

※トップページではなく、カテゴリーページです

カテゴリーページを、まるでトップページのようにデザインできるようになりました。カテゴリーごとに扱う商品が違う場合など、複合的なサイトにおすすめの機能です。

カテゴリーページのトップページ化

カテゴリーページ管理の使い方

THE SONICカテゴリーページの管理から利用できます。

  1. STEP

    カテゴリーページの管理から記事を作成する

    THE SONICカテゴリーページの管理

    グーテンベルクエディタを使って、投稿記事と同じ感覚で編集できます。

    THE SONICカテゴリーページの管理
  2. STEP

    表示させたいカテゴリーページを選ぶ

    THE SONICカテゴリーページの管理

    WordPressデフォルトのカテゴリーページから、カテゴリーを追加した状態でご利用ください。

  3. STEP

    目次の表示条件を決める

    THE SONICカテゴリーページの管理

    カテゴリーページでも目次を利用できます。

  4. STEP

    タイトルのデザインを編集する

    THE SONICカテゴリーページの管理

    タイトルの文字色や、背景色を変更できます。そのままでも大丈夫です。

  5. STEP

    公開ボタンを押す

トップページ化

カテゴリーページのトップページ化

「トップページ化」を使えば、サイトのトップページのようにCTAボックスを作ったり、カテゴリーごとにサイトカラーを変更したりできます。

カテゴリのトップページをサブディレクトリサイトのように作り込める機能です。

使い方は、「フロントページCTA」と同じ形にしました。

各種項目を埋めていただき、サイドバーの「カテゴリーページをトップページ表示にする」にチェックを入れてください。

それぞれのカテゴリーページに、違ったデザインが表示されます。

カテゴリーページのトップページ化

カテゴリー別にサイドバーの内容を変更する

ウィジェット管理の機能を組み合わせると、カテゴリーごと表示するサイドバーを変更できます。

ウィジェット条件分岐

カテゴリーごとに、流入させたいリンクを挿入することができます。

CTAエリアに画像だけ表示する使い方

オリジナルのデザインを用意したり、ABテストを使ってクリック数を計測したりしたい場合には、HTML用カスタムボックスを利用してください。

HTML用カスタムボックスには、ショートコードを使用できます。

再利用ブロックをショートコードにして挿入すれば、CTAボックス内のデザインを自由に変更できます。

自由にカスタマイズしたいユーザーのためにこだわりました!

https://the-sonic.jp/wp-content/uploads/2020/02/kuma.png

くま

HTML用カスタムボックスを応用すれば、再利用ブロックのテキストをショートコードで挿入したり、ABテストのコンテンツを表示してクリック率を集計できます。

POINT
  • 再利用ブロックに登録したコンテンツが使える
  • ABテストでクリック率の集計ができる

再利用ブロックを登録する

再利用ブロック管理から、「フロントページCTAエリアに挿入したいデザイン」を作成してください。

エディタの「カバーブロック」「メディアと文章ブロック」は、手軽に美しいデザインが作れておすすめです。

https://the-sonic.jp/wp-content/uploads/2020/02/kuma.png

くま

カバーブロックを使った場合
フロントページCTA

背景の透過率を変更したり、テキスト無しで画像だけ表示することができます。画像メインで使いたい場合におすすめです。

「メディアと文章」ブロックを使った場合
フロントページCTA

画像とテキスト、中央で分割された2カラムデザインを作りたい場合におすすめです。

コンテンツの横幅と画像の横幅を揃えたい場合は(下図)

メディアと文章の「高度な設定」にhbと追記してください。

再利用ブロックを作成すると、専用のショートコードが作られます。

再利用ブロックのショートコード

ABテストをしたい場合

クリック率を集計したい場合は再利用ブロックを2つ作成し、ABテストに登録してください。

計測用のショートコードが作成されます。

ショートコードをHTML用カスタムボックスに挿入する

再利用ブロックやABテストで作成したショートコードを、HTML用カスタムボックスに挿入します。

フロントページCTAの応用

エディタで作成した自由なデザインを、カテゴリーページの上部に表示させましょう。

THE SONIC

THE SONIC

収益とライティングを"1UP"させるWordPressテーマ「THE SONIC(ソニック)」を開発しています。
アフィリエイター・ブロガー・WordPress開発者の合作テーマです。3つの視点からWordPressテーマをリデザインしました。

FOLLOW

カテゴリー:
CTAエリア
関連記事